読書感想文の書き方親向けポイント!書き方や本の選び方など【夏休みの宿題】

教育系

こんにちは。
娘軍団ママです。

ワーママも専業ママも大変な夏休み。

特に小学生をお持ちのママは宿題に困りますよね。

小学生の宿題といえば、「夏の生活」の他に作品募集への応募があり、その中の一つとして読書感想文が今でもあったりします。

私も娘1が小学生の頃はかなり悩みました。

その時に知人の学校の先生や塾講師をしている友人から色々アドバイスをもらい、かなり参考になりました。

今回は読書感想文を子どもに書かせるために、どのように声かけなどをしていくと良いかについて、プロにもらったアドバイスなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

読書感想文を書く前に

読書感想文の宿題が出ると、まず「本を読みなさい」から始まりがちですよね。

実はその前にすることがあります。

読書感想文の受賞作品を一度は読んでみることです。

高学年のお子さんなら、自分でも読んでもらってくださいね。

「読書感想文 受賞作品」などで検索すれば出てきますよ。

青少年読書感想文全国コンクール上位入賞者リストはこちら

お読みいただくとわかると思うのですが、

読書感想文って単に「感想を書く」わけではないんですよね。

自分が子どもの頃にも疑問に思っていたのですが、本を読んで、

「あー面白かった!」

と思っても、その感想だけで原稿用紙何枚も

「書けるかーーーーーーー!」

という感じでした。

まず、読書感想文について、どういうものを書けばいいのかというイメージをつくることはとても大切なので、別に賞を狙ってなくてもいいので受賞作品に一度は目を通してください。

やっぱりゴールが明確に分かっていることって大事だと気付きますよ。

スポンサーリンク

読書感想文用の本のチョイス

さて次に、本のチョイスです。

先ほど読書感想文は「感想を書く」だけではないといいました。

本を読んで、「自分自身や身の回りのことに重ねてみて、得られた気づき」を書くことが重要です。

難しく聞こえるかもしれませんが、絶対こっちの方が書きやすいです。

例えば、幼児向けの本で有名どころで「だるまさんの」という本があります。

最後に、だるまさんの「お」あったっけ?という件がありますが、それを読んで、

「そういえばしっぽってある動物とない動物があるよね。確かに犬や猫にはあるけど自分にはない。どうしてなのかなと不思議に思うから調べてみようかな。」

ということを書けば、これ、立派な読書感想文です。

↓我が家の娘軍団も大好きです。


つまり、「気づき」を得るためには、お子さんにとって身近なネタやタイムリーなネタ、興味のあるネタを選ぶことは非常に重要です。

そもそも自分からかけ離れた話興味のない話を進んで読みたがらないですよね。

だから、スポーツが好きなお子さんならばスポーツに関連する本を、動物が好きなお子さんならば動物に関する本をという感じで興味や生活に寄り添ったテーマをチョイスするべきです。

そしてできればお子さん自信が試し読みをして、「これなら読めるな」「面白いな」というものを選びたいので、本はなるべく書店や図書館のように試し読みができるところで選んでください。

最終的にネット注文でもいいのですが、やっぱり実際に手に取って選ぶ方がベターですね。

スポンサーリンク

なれないうちは一緒に

学年にかかわらず、書くことになれないうちは一緒に取り組む方がいいと思います。

その際に、なるべく怒らないように、そして親の意見を押し付けないように気を付けましょう。

(これが難しいんですよね。。。)

何をするのかというと、

  • 親もその本を読んで、子どもの興味がありそうなところをピックアップしておく。
  • その部分についての感想を聞いてみる。
  • 面白かっただけで終わりそうな場合は、ヒントを出す。

例えば、有名な「ごんぎつね」の最後で、兵十がごんを撃ってしまった後でくりなどを届けてくれたのがごんだったところに気づくシーンがあります。

ここについて、「ごんがかわいそうだった」だけで終わってしまったとします。

その時に、

「兵十はどんな気持ちだったと思う?」

「このあと兵十はどうすると思う?」

という、文字に表されていない登場人物の気持ちを想像したり、その後の行動や生き方について考えてみということを促してみたり

「自分が兵十だったらどんな気持ち?」

「自分がごんだったらどんな気持ち?」

「こうならないために、あなただったら何ができたかな?」

自分に置き換えて考えてみたりするだけでも、文を書くネタがかなり集まってきます。

↓教科書にも掲載されている名作。泣けます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ごんぎつね (日本の童話名作選) [ 新美南吉 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/7/22時点)


このネタを、メモに1つずつ書き出していきます。

付箋タイプのメモだと、書く順序などを考えるときに並び替えがしやすいのでおススメです。

なれればこういったことを自分でできるようになるので、まずはこういう道筋で書くということを示してあげると取り組みやすいですね。

実際にこういうことを子どもに尋ねてみたりすると、親が思ってもみなかった発想が出てきたりして、絶対面白いと思います。

↓大き目の付箋。こんな感じのものにメモするといいと思います。


こうやってメモで文章を組み立てるのって、大人になってからでも役立ちますよね。

スポンサーリンク

まとめて書いてみよう

ネタのメモが集まってきたら、書く順番を考えて、あとは清書するだけです。

ここまでやっておけば、ほぼできたも同然なので、あとは書く作業に集中させるだけですね。

一見手間がかかっているように見えますが、そもそも文章を書くことが苦手なお子さんの場合、読書感想文のツラさ→本を読むのが嫌ということにつながってしまいます。

やらなければならないことを細分化することで、「全部イヤ!」という状態になることを防ぐことにつながります。

夏休みの宿題ごときで、本嫌いになってもらっては困りますからね。

逆に考えをまとめる作業にハマって、読書や作文が好きになるお子さんもいます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は読書感想文を子供に書かせる方法についてまとめてみました。

以前学校の先生や塾講師をしている友人たち、いわゆるプロに聞いた内容をまとめ直してみました。

まずは、読書感想文の受賞作品を読んで、ゴールをしっかり確認することです。

次に本選びですが、自分の興味関心や身近なことについての書かれているものを選ぶと、感想文が書きやすいです。

慣れないうちは親も一緒に取り組む方が良いようです。

最後にまとめて書いていく作業をしますが、取り組む内容を細分化することでぐっと書きやすくなります。

子どもに宿題をさせるのは本当に大変ですよね。

でも、せっかくなのでここで文章をまとめる練習をしていくと、将来的にはとっても役立つと思います。

実際に今回ご紹介した内容は、教科書の作文の書き方の単元で書かれていることがベースなので、学校で習うときにもスムーズに理解できるようになるそうですよ!

一石二鳥ですね。

なかなか大変ですが、親子で楽しみながら取り組めるといいですね。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました