前田望亜(もあ)の中学は?両親の英語教育の方法が気になる!【博士ちゃん】

TVバラエティ

こんにちは。
娘軍団ママです。

2022年4月30日の「博士ちゃん」に15歳の前田望亜(まえだもあ)ちゃんが「偉人の最期の言葉博士ちゃん」として出演しました。

前田望亜ちゃんは現在中学3年生ですが、どこの中学に通っているのでしょうか?

また前田望亜ちゃんは小学校5年生のときに英検1級に合格したすごい英語力の持ち主ですが、海外生活経験もなくご両親とも日本人とのこと。

どんなお父さんお母さんなのか、また英語教育の方法が知りたいですね。

今回は「偉人の最期の言葉博士ちゃん」の前田望亜ちゃんについてまとめていきます。

スポンサーリンク

前田望亜の中学は?

前田望亜ちゃんは渋谷教育学園幕張中学校に通っています。

https://www.shibumaku.jp/outline/song-badge-uniform/

渋谷教育学園幕張中学校は千葉県内でもトップの私立中学ということで、前田望亜ちゃんはやっぱりめちゃくちゃ賢いんですね。

このことから前田望亜ちゃんは東京都か千葉県に住んでいる可能性が高いですね。

そして渋谷教育学園幕張中学校高校は、海外の大学への進学についてのサポートも手厚いようなので、前田望亜ちゃんは海外の大学への進学を志望しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

前田望亜の両親は?英語教育法は?

https://www.tv-asahi.co.jp/hakasechan/

前田望亜ちゃんの両親は日本人だということだけが分かっています。

海外生活経験もないということで、お父さんのお仕事は海外赴任などがないお仕事ということなんだと思います。

それにしても小学校5年生で英検1級に受かってしまう前田望亜ちゃん。

英語力はもちろんすごいのですが、実は英検1級って英語の力だけでは合格できないんですよね。

日本人が漢字検定の上位級の出題漢字を読めないのと同じように、英検1級で出題される単語にはネイティブでもなじみの薄いものがあります。

さらに、英検1級では英作文があり、問いに対しての答えとして自分の意見を織り交ぜながら答えるという日本語でも難しい課題があります。

こんな難問を小学校5年生でクリアしてしまった前田望亜ちゃんは本当にすごいですね。

その実力を裏付ける事実として、前田望亜ちゃんは2021年の「北朝鮮人権侵害問題啓発週間作文コンクール」の英語エッセイ部門において、優秀賞に輝いています。

実際にエッセイを読んでみましたが、国際情勢への理解、文章構成力、英語力、いずれもハイレベルでびっくりしましたよ。

こんな天才児を育てるためにどんな教育をしているのか大変興味があり調べてみましたが、残念ながらインタビュー記事などを見つけることができませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「偉人の最期の言葉博士ちゃん」の前田望亜ちゃんについてまとめてみました。

前田望亜ちゃんは千葉県内でトップの私立中学、渋谷教育学園幕張中学校に通っています。

前田望亜ちゃんのご両親はともに日本人で、海外生活経験もありません。

小学校5年生の時に英検1級に合格した前田望亜ちゃんの教育法などについて調べてみましたが、インタビュー記事などを見つけることはできませんでした。

まさに天才少女と言って過言ではない前田望亜ちゃん。

お顔も綺麗なので、国際的に活躍しつつメディアにも出演するような感じに成長するかもしれませんね。

楽しみです。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました