佐々木ありさのプロフィール。かわいいしダンスや水泳がすごい!高校大学が気になる!【ほんとにあった怖い話】

TVドラマ

こんにちは。
娘軍団ママです。

2022年8月20日の「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」の「一言のあやまち」に出演した佐々木ありささん。

2019年にNHK大河ドラマ「いだてん」に出演して話題の新人女優さんですが、詳しいプロフィールが知りたいですね。

とってもかわいい佐々木ありささんですが、ダンスや水泳もすごいのだとか。

さらに、佐々木ありささんの高校や大学など学歴についても気になります。

今回は女優の佐々木ありささんについてまとめていきます。

スポンサーリンク

佐々木ありさプロフィール

佐々木ありさ

生年月日:2000年3月22日(22歳)

出身地:神奈川県

身長:158㎝

所属事務所:ユマニテ

佐々木ありささんは2015年頃から芸能活動をスタートさせたようです。

佐々木ありささんは「RED CHEERS!」というダンスユニットで活動をしていたようです。

当時はエーライツという事務所に所属していたようです。

佐々木ありささんは2017年に事務所をアイエス・フィールドに移籍しています。

2019年にNHK大河ドラマ「いだてん」に抜擢された時も、この事務所に所属していた時期ですね。

佐々木ありささんはこれがドラマデビューだったというので、すごいですね。

他にも映画や舞台、CMなども出演しています。

そして2022年4月にユニマテに所属することになったとSNSで報告しています。

ユニマテといえば演技派の俳優さんが多数所属する事務所。

佐々木ありささんの演技に対する本気が伝わりますね。

スポンサーリンク

佐々木ありさがかわいいけどダンスや水泳がすごい!

女優としてデビューした佐々木ありささんですが、実は元々ダンサー志望だったのだそうです。

5歳の頃からダンスをしていたとのことなので、キレッキレのダンスが踊れるんです。

以前所属していた事務所のYouTubeであげられていました。

めちゃくちゃ踊れていますね。

佐々木ありささんはNHK大河ドラマ「いだてん」では、小島一枝役を演じました。

この役はオリンピックで大活躍する女子水泳選手ということで、オーディションの際も水泳の審査があったのだとか。

水泳も長く続けていて個人メドレーも泳ぐことができるという佐々木ありささん。

新人女優ながら大河に抜擢された裏側にはこの水泳の実力もあったんでしょうね。

佐々木ありささんはめちゃくちゃポテンシャルが高いですね。

スポンサーリンク

佐々木ありさの学歴は?

佐々木ありささんの出身高校は、神奈川県立新城高等学校と言われています。

地元では進学校ということだそうですが、佐々木ありささんは大学へは進学していないようです。

本格的に芸能活動をしていくということなんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は佐々木ありささんについてまとめてみました。

佐々木ありささんは2015年頃から芸能活動をスタートさせ、2019年にNHK大河ドラマ「いだてん」で小島一枝役に抜擢されています。

とってもかわいい佐々木ありささんですが、ダンスは5歳の頃から習っていて元々はダンサーを目指していたのだそうです。

また水泳も得意で、「いだてん」のオーディションでは水泳審査もあったそうです。

佐々木ありささんの出身高校は、神奈川県立新城高等学校と言われていて、大学へは進学していないようです。

存在感のある佐々木ありささん。

今後どんな女優さんになっていくのか楽しみですね。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました