カムカムエヴリバディのオープニング映像がかわいい!コマ撮り作家竹内泰人とは?作品は?【NHK朝ドラ】

TVドラマ

こんにちは。
娘軍団ママです。

2021年11月1日からNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」が始まりましたね

ラジオ英語講座を軸に広げられるストーリーということで、オリジナルの脚本だそうです。

第1話の放送が終わり、上白石萌音さんが最初のヒロインとして登場し、好評を博しています。

ドラマの内容もさることながら、今回のオープニング映像、AIさんの歌声に合わせたペーパークラフトのような映像がとっても可愛いですよね!

このオープニング映像を手掛けたのが、コマ撮り作家の竹内泰人さんです

どんな方なのか気になりますよね。

そして他にどんな作品を手掛けているのでしょうか。

今回は朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオープニングを担当している竹内泰人さんについてまとめていきます。

カムカムエヴリバディで朝ドラ初出演の青木柚さんについての記事
【カムカムエヴリバディ】青木柚(ゆず)桃太郎役で朝ドラ初出演!本名や学歴は?両親や兄弟、実家が気になる!
こちら
スポンサーリンク

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオープニング映像

「カムカムエヴリバディ」のオープニング映像は、紙で作られた貼り絵のようなもので作られています。

映像の構成としては次のようになっています。

  1. 勉強している女の子
  2. お母さんに髪をとかしてもらっている女の子
  3. 自転車を押してもらっている女の子
  4. お母さんからお弁当を受け取る女の子
  5. お友達と待ち合わせをしている女の子
  6. オフィスで働く女の子
  7. 雨の中を歩き、雨が止んだらそこにいた猫に手を差し伸べる女の子
  8. 女性が赤ちゃんを抱っこしていて夫らしき人があやしている様子
  9. ベビーカーで赤ちゃんをお散歩させている女性
  10. 走り回る女の子を追いかけるお母さん
  11. 女の子の誕生日を祝う様子
  12. 3世代の女性が並んで歩き、途中からそれぞれの道を進む
  13. 女の子がラジオから出てくるたくさんの素敵なもののうち、風船につかまって飛んでいき、最後世界を俯瞰する様子

朝ドラのストーリーとしては現在1話が放送されただけですが、これを見るだけでどんなお話なのかという世界観は伝わりますね。

そして、貼り絵でつくられているので、とてもかわいらしくあたたかい印象を受けます。

観たことのない方はこちらのツイートのリンクから観てくださいね。

ドラマ本編の見逃し配信はNHKプラスでご覧になれます。→こちら

このオープニングを作成された作家の竹内泰人さんはどんな方なのか気になりますね。

そこで次は竹内泰人さんのプロフィールについて調べてみました。

竹内泰人プロフィール

https://dokugyunyu.boo.jp/profile.html

竹内泰人(たけうちたいじん)

生年月日:1984年

出身地:愛知県名古屋市

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のオープニングを担当しているのは、竹内泰人さんです

2007年に九州芸術工科大学を卒業し、その後武蔵野美術大学大学院を修了しています

高校は愛知県立西春高校出身のようなので、名古屋市でも北区や西区のご出身ぽいですね

学生時代からコマ撮りアニメーションの制作を始めて、その頃制作した「オオカミとブタ」が話題になります。

卒業後はフリーランスとして映像のお仕事をされています。

ご自身のことを「コマドリスト」と称しています。

スポンサーリンク

竹内泰人の作品は?

竹内泰人さんは数々の映像作品を手掛けておられます。

カムカムエヴリバディのオープニングと同じく、ほのぼのとした世界観を感じます。

いくつか見てみましょう!

竹内泰人さんが学生時代に制作し話題になった「オオカミとブタ」の映像です。

My Art Projectにおいての作品「LOVE LETTER 2020」

そして最近公開された本物の水を使ったコマ撮り映像。

めちゃくちゃ綺麗です!

この映像は後半にメイキングもあり、子供が見ても絶対面白いですよね。

娘軍団と一緒に色々観てみようと思います!

まとめ

今回は「カムカムエヴリバディ」のオープニング映像を担当された竹内泰人さんについてまとめてみました。

カムカムエヴリバディのオープニング映像は、ペーパークラフトのようなコマ撮りでできていて、ドラマの内容をよく表現された心温まるものです

クリエイターの竹内泰人さんは愛知県名古屋市出身で、武蔵野美術大学大学院を修了後、フリーランスで映像の仕事をされています

竹内泰人さんはコマドリストとご自身のプロフィールを称しています

竹内泰人さんの作品は、学生時代に作成されたものから最近の自主制作も含めて、独特の世界観でつい観てしまうものばかりです

今回の朝ドラのお仕事をきっかけに、色々なところで作品を目にすることが増えそうですよね。

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました